So-net無料ブログ作成

昭和30年代の大衆食堂 [風景画]

エーワン食堂.jpg

元旦から身体の不調に悩まされた。左手首の慢性的な痛みを忘れるほど、右の尻のエクボ部分に疼痛が
あり、正月の三が日熟睡できなかった。4日から仕事が始まってからは暇がなくて、10日にやっと外科病院で診てもらった。レントゲン画像に異常はなく、坐骨神経痛と診断された。セレコックス錠、リリカカプセル75mg、レパミド錠を10日分処方された。
薬で改善しなければ、大きな病院でのMRI検査を紹介するとのことだった。
セレコックス錠とリリカカプセルの薬の説明に、めまい、意識がぼんやりする、うとうとする副作用があると書かれていたが、薬の服用後はまっすぐ歩きずらく、車の運転中も眠くなるほど強力な薬だった。
薬がなくなる頃、会社でインフルエンザをうつされ、突然39度7分の熱が出た。
再診のため外科病院に行き、薬の効果を訊かれたので、副作用がきつい旨を訴えた。
「次からリリカカプセルを25mgに変えましょう。」
「今はお尻の痛みより、インフルエンザの症状が気になるのですが…。」
私の言葉に医者は驚いて、私にマスクをつけて診察室から退去させ、廊下で検査を始めた。結果はすぐに出た。
「完全なインフルエンザA型です。5日間自宅養生して外出しないように。」
 ゾフルーザ錠と解熱剤のカコナール錠を処方された。私の場合耐性ウイルスだったのか、ゾフルーザの効きが悪く、40度近い熱が三日間続き、治癒するのに一週間以上かかった。


nice!(26)  コメント(4) 

nice! 26

コメント 4

ハマコウ

おはようございます。
辛い1月だったのですね。
ご自愛ください。
by ハマコウ (2019-02-12 04:35) 

yuzman1953

ハマコウさん、こんばんは。
労わりのお言葉ありがとうございます。
実は、インフルエンザの高熱で苦しんでいるときも、マスクをして仕事をしていました。自宅療養が解かれる5日目、やっと休むことが出来て私のインフルエンザに感染した妻を伴って、外科病院に行ったのですが、さらに一日、自宅養生するように医者に言われました。一週間仕事を休んでみたいものです。
by yuzman1953 (2019-02-13 00:37) 

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

坐骨神経痛にインフルエンザ、お正月からさんざんでしたね。

年をとると、にわかにいろいろな病が顔を出してきますね。
私など、昨年1年は過去20年通った分以上の病院通いをしなければない破目になってしまいまして。

おかげで、ここ数年間なにかつけどこかが優れなかった体の方もすっかり回復して、今は絶好調。

医師の指導を受けながら、しっかりと治療するように心掛けることの大切さ、痛感しています。

きつい時はガンマンをせずに早めの治療と休養をすること、忙しいでしょうが、体が第一、実践してみてはいかがでしょうか。





by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2019-02-18 15:19) 

yuzman1953

老年蛇銘多親父さん、こんばんは。
坐骨神経痛━いかにも年寄りくさい診断で、私は信じたくありませんでした。若い時分は筋肉痛や疲労など一晩眠れば解消していたのに、今では日常化してしまい、これが年をとるということかと納得しています。インフルエンザから回復した今、老年蛇銘多親父さんのおっしゃるとおり、体が第一だと思います。
by yuzman1953 (2019-02-20 01:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。