So-net無料ブログ作成
検索選択

吉野ヶ里歴史公園 [風景画]

 1986年(昭和61年)から発掘調査が続いた佐賀県の吉野ヶ里遺跡が、1989年に大規模な環濠集落発見と全国に報じられ一般公開が始まった。その年の夏、兵庫から義母、義姉、姪、甥が北九州の我が家に遊びに来たので、雲仙へ旅行に行く途中に話題の吉野ヶ里に立ち寄った。
 遺跡は簡単な資料館と竪穴式住居がぽつんと建っているだけで、9歳から2歳までの6人の子供たちにはかめ棺のレプリカ人骨くらいしか興味が湧かなかっただろう。
 私は月に一度、仕事で吉野ヶ里のすぐ近くを通るのだが、先日、休み返上で出張した帰りに絵を描こうと水彩道具を携帯して吉野ヶ里を訪れた。 1991年に国の特別史跡に指定された遺跡が2001年に吉野ヶ里歴史公園として新たに開園したことを知らなかったのだが、29年前は無料だった駐車場料金310円と大人入園料420円を支払い、閉園時間の5時まで2時間しかないことを承知のうえで入園した。
 117ヘクタールの広大な敷地は念入りに巡れば一日はかかりそうで、すぐにスケッチポイントを探して絵を描きはじめた。4時30分、閉園が近づいている知らせがスピーカーから流れてきた。気がついたら園内に残っているのは私一人のようで、あせりながら着彩していった。ほどなくスクーターに乗った管理人が私に声を掛け、いよいよ閉園になるので、道具をかたづけ、帰路についた。

吉野ヶ里.jpg
nice!(17)  コメント(2)