So-net無料ブログ作成
検索選択

到津の森公園 [風景画]

到津の森公園.jpg
 私が子供の頃、到津(イトウヅ)遊園地はハレの場所だった。北九州市で唯一の動物園であり、遊園地だったので、子供が喜ばないわけがない。しかし市内にあるとはいえ私の住んでいる地域からは、車で小一時間かかるので、特別の行事でもなければ訪れる機会がなかった。私の初訪問は幼稚園の歓迎遠足会だったと思うが、家族で揃って出かけた記憶はあまりない。
 結婚してからは、三人の子供が幼い頃は度々行ったが、子供が成長するにつれ足が遠のいた。
 施設の老朽化、少子化の影響に加え1990年に隣の八幡東区に開業したスペースワールドと競合して経営が悪化し、2000年5月31日に閉園してしまった。私が最後に行った思い出は、二男と二人で乗った蛸をモチーフにした遊具で非情に怖い思いをした事だ。
 その遊具が動き始めてすぐに幼児には酷だと後悔して一刻も早く終了することを願ったが、遊具が二人きりの貸切状態で、サービスのつもりなのか係員のお叔父さんが通常の運転より長く激しく作動させたので、生きた心地がしなかった。
 到津遊園地は運営が北九州市に移管されたのち、2002年に到津の森公園として開園した。
 今日二十数年ぶりに園を訪れたが、猿山に昔の面影が残っていて懐かしかった。
 
 
nice!(4)  コメント(2) 

nice! 4

コメント 2

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

子供の頃に訪れ楽しんだ地が、今も姿を変えながらもその面影を残し残っているというのは羨ましいですね。

実は、私も子供の頃、谷津遊園というのがあって、訪れた思い出があったのですけど、25年ほど前にその近く住むようになって再度訪れてみたら、その面影のかけらもないぐらい辺りは変わってしまって
by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2017-04-22 17:15) 

yuzman1953

老年蛇銘多親父さん、こんばんは。
一旦閉園した遊園地が再開した後、一度は行ってみようと思いつつも、子供がみな巣立っていたので、訪れる機会がありませんでした。
タンクバッグを携えた老年ライダーが一人で動物園を散策する図は傍からみるとかなり怪しかったと思います。
by yuzman1953 (2017-04-25 02:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。